計量器取り扱いについて


■化学用体積計
   
▼メスフラスコ類
▼ピペット類
▼ビュレット類
▼メスシリンダーます類
▼乳脂計類
   
   主として理化学試験、医療用に用いる体積計であって図1に掲げるような水際の水平視定でその体積を測るもの
  であります。
   水際(meniscus)と目盛線の視定方法は、水の場合は(a)のように水際の最深部と目盛の上縁を一致させる。
  目を水平な位置に保つこと、最深部の見分け方などがむずかしいので、全周にわたり目盛線をつけたり、(b)のよう
  に、背後に色彩線(通常は白地に青線)を入れたものなどがある。この場合、青線の最も狭く見える部分が水際の最
  深部となる。
 
 
     図1 水際の視定方法
 
  (a)一般の体積計の場合    
(b)青線入りの体積計の場合
 
        (正面)      (側面)
(正面)
 
 
   
(参考文献)工業技術院計量研究所編集「計量技術ハンドブック」コロナ社出版
   

Copyright (C) 2004-2019 Miyahara Measuring Instruments Co.,Ltd All Rights Reserved